ホーム > なるとの話
  • なるとの歴史
  • こだわり
  • 工場見学
なるとの歴史
なると誕生。
魚のすり身に食塩を加えてすり鉢で練り上げ、これを加熱・凝固させて仕上げる“なると”。その“なると”の起源を調べてみたところ、平安時代の古文書にその名が登場していますが、実はその起源は明らかにはなっていないようです。江戸時代に書かれた「蒟蒻百珍」という書物にも、なるとに関する記述があり、ユバを巻いてみたり、昆布を巻いてみたり、昔の人はいろんな食べ方でなるとを楽しんでいたみたいです。起源は分かりませんが、なるとは昔から日本人に愛されていたということですね。さらにその誕生について調べていると興味深いことがありました。それは加工の“目的”。大半の水産加工品は「保存性」を重視して開発されましたが、なるとやかまぼこは「うまみ」にこだわって作られたんです。美味しさを追求して作られた「なると」。是非ともご賞味くださいね。
焼津となると。
日本の「なると巻」の7割が焼津産だということをご存知ですか?魚の街焼津がなぜ“なると日本一”になったのかというと、もともと焼津はかつお節の製造が盛んだったのですが、かつおは春から夏の間がシーズンであるため、空いた冬に、なるとやかまぼこ、伊達巻を作っていたんです。大量消費地である東京への運搬がしやすかったことから、焼津での製造が盛んに行われたと考えられています。支那そばが流行し、ラーメンに欠かせなくなったなるとは、戦後東海道本線の貨物列車で大量に築地へ運ばれていたそうです。

こだわり
原料について。
なるとの原料は、主に北洋でとれるスケトウダラをはじめ世界の漁場で採れたイトヨリ・グチ・キンメダイ・ミナミダラなど多彩な魚が使われていますが、カネ久商店では安定した原料を確保するためスタッフが現地に出向き品質等のチェックを行い厳選したスケトウダラとイトヨリダイとを主に使用しています。これは昔から変わらず、原材料の金額等に関係なく、「常に変わらない上質ななるとをお届けしたい」という理念のもとに守ってきたゆるぎないこだわりです。
製造について。
徹底した温度管理を行っています。なぜなら、なるとはちょっとした温度の変化で見た目・味が変わってしまうからです。また、絶えず職人がそばに付いて製造しています。調味料を入れるタイミングや順番が少しでも狂ってしまっても、見た目・味が変わってしまうからです。そのため、カネ久商店では出来上がった製品の検品作業にも多数の人数を割いています。
開発について。
なるとの歴史感を守りつつも、「黒なると」など、革新的ななるとを開発しています。またOEM商品としてクライアントさまと一緒に今の時代にあった新しいなるとを考えています。今後は、焼津を代表するなるとメーカーとして、なるとの新しいあり方をみなさまと一緒に考えていきたいと思っております。

工場見学
  • カネ久ニュース
  • 黒なると
  • カネ久のちくわぶ
  • ひとくち板わさ